健康保険対応病院のメリットには何があるか

窓口で給付分を控除して支払いできる

何らかのトラブルが起きたとき、それに対する出費を行います。もしそのトラブルに対応する損害保険に入っていると、その出費分の報告をすれば後で出費の全額から一部の保険金が受け取れます。一旦出費分のお金を用意しなければいけません。ペット用の健康保険は人間の健康保険の役割を持つ損害保険で、どの動物病院で治療を受けても一応保険金が受けられます。ただし健康保険対応外の病院だと一旦治療費を全額支払い、後で損保会社に保険金を請求しないといけません。一方健康保険対応の動物病院だと、損保会社が発行した健康保険証を提出すると保険金分を控除して請求してもらえます。窓口で支払いに関する手続きをすべて終えられるので、面倒がありません。

保険が適用されるかどうかがその場でわかる

保険に加入していると、その保険でカバーする内容のトラブルが起きた時に保険金を受けられます。しかしそれ以外の内容だと受けられません。保険に加入するときに内容を確認していないと、対応外の内容で保険金請求をしてしまうときもあるので注意しないといけません。ペット用の健康保険が損保会社から提供されていますが、便利なのはその健康保険に対応している動物病院を利用するときでしょう。保険適用の治療の時は、受けられる保険金を控除した額を支払って終わりです。保険適用外の治療を受けた時、健康保険に対応していない動物病院だと面倒な請求をして初めて保険金が受けられないと知るときがありますが、対応している動物病院ならその場で適用外かどうかがわかります。

© Copyright Animal Hospital Service. All Rights Reserved.